« 2010年11月 | トップページ | 2012年3月 »

2011年1月

2011年1月 1日 (土)

激指 定跡道場2の定跡を柿木将棋 for iPadに保存する方法


激指 定跡道場2 -優勝記念版- を購入したのですがあまり利用していません。せめて定跡だけでも利用したいと思い柿木将棋 for iPadに保存する方法を調べてみました。

東大将棋定跡講座の柿木定跡化計画」というホームページに東大将棋の定跡を柿木形式に変換するソフトがありました。これは激指でも使えるようですので、それを利用させてもらいました。(作者様ありがとうございます)
ホームページが削除されているようです。 復活しています 13/5/13追記
激指専用の変換ソフトを新たに作成して下さいました。

【変換方法】

1.激指をインストールしたフォルダの中の「kouza」フォルダに定跡の棋譜が入っているのでそれを別のフォルダにコピーする。(例:C:\定跡)

Photo

内容
振り飛車定跡:f1~f10
居飛車定跡:i1~i10
駒落ち定跡:k1~k8
定跡内容の説明:index.txt

2.「東大将棋定跡講座の柿木定跡化計画」の自作ツールから変換ソフトをダウンロード。

3.ダウンロードした変換ソフト(JOSEKI_G.EXE)を実行し柿木形式に変換(分岐あり)します。
ただし振り飛車定跡のファイル「f1-5.kif」の書式が他と異なりエラーになるので変換前に修正します。
変換ソフトの作者様が激指専用を作成して下さいましたので、エラーになりません。ありがとうございます。13/5/13追記

変換ソフト(JOSEKI_G.EXE)を実行し柿木形式に変換します
Ws000000
変換後のフォルダもあらかじめ作成しておきましょう。

居飛車と振り飛車の定跡だけで186ファイルあります。(今回駒落ち定跡は除きました
分岐を全て個別に変換することも可能ですが全て変換すると24,000ファイル以上になります。

4.このままのファイル名では何の定跡か分からないのでファイル名を分かりやすいものに変更します。index.txtの内容を元に今回はExcelのマクロで一括変更しました。
ダウンロード

Photo

変換前のフォルダを指定して「ファイル名一括変換」ボタンを押します。ファイル名が置き換わります。

Ws000005

5.このまま柿木将棋 for iPadに登録するとファイル順がバラバラに保存されるようなのでファイルの更新日時を全て同一に変更します。FileAgerというソフトを使用しました。

Ws000010_2
「fileager.exe」を起動し、定跡ファイルを全てドラック&ドロップします。
次に最初の更新日時を選択し置換を押します。

Ws000011_3
次に更新を押すと全ての定跡ファイルが同一の更新日時で更新されます。

【登録方法】

6.iTunesから柿木将棋 for iPadに変換した定跡ファイルを保存します。

Ws000013_3
iPadとiTunesをUSBで接続し「App」のファイル共有で柿木将棋(KShogiPad)を選択し、右側の追加をクリックします。

Ws000015_3
変換した定跡を全て選択し、柿木将棋に追加します。

7.柿木将棋 for iPadで読み込み

Photo_12_30_21_00_11_4 
柿木将棋 for iPadを起動し「Menu」から「棋譜読み込み」を選択します。

Photo_12_30_21_00_57_3
表示したい定跡を選択し読み込みます。

Photo_12_30_21_00_46_2
コメント付きの定跡が表示されます。柿木将棋 for iPadは分岐にも対応しているのでとても便利です。


Kifu for iPhoneに保存することも可能ですが、現在のところ分岐に対応していないので1ファイルで1つの棋譜しか見ることが出来ません。

ver2.40から分岐に対応されたのでKifu for iPhoneでも表示可能です。

« 2010年11月 | トップページ | 2012年3月 »